【2009年の名盤】MAYER HAWTHORNE (メイヤー・ホーソン)/A STRANGE ARRANGEMENT (アナログ2LP) STH2219

2,900円(税込3,132円)

購入数
【2009年の名盤】MAYER HAWTHORNE (メイヤー・ホーソン)/A STRANGE ARRANGEMENT (アナログ2LP)


レーベル:STONES THROW
フォーマット:LP(レコード)組数:2
発売日:2009年09月07日
再入荷:2017年03月07日



STONES THROW が力を注ぐ男性ソウル/R&Bシンガー:MAYER HAWTHORNE、1st.フル・アルバム、アナログ2枚組仕様 !!

レーベル総帥PEANUT BUTTER WOLFが強力にバックアップするデトロイト郊外出身のこの男、黒ぶち眼鏡に七三分け、ちょっぴりオタなルックスに一瞬不安がよぎってしまうが、その創り出す楽曲、口からあふれ出る歌声には正直驚愕。60~70年代にタイムスリップしたかの様ながさがさぶちぶちとした独特の空気感で綴られるスウィート~ノーザン・サウンドに、なんともゆるく、それでいてとてつもなくソウルフルなファルセット&ウィスパー・ヴォイス。同じオールド・スクールなソウルをその基盤にしながら、メジャーやメインストリームの所謂ネオ・クラシック系とこれほどまでに感触が異なるのは何故なんだ?そう、ネオ・クラシックのシンガー達があくまでも過去の偉大な才能や音楽遺産をリスペクトしながら、最終的には現代に生きるアーティストとしてのオリジナリティ、同時代性を獲得しようともがいているのに対して、この男のスタンスは(恐らく)もっと病的。自身の表現欲求より、いかしたオールド・ソウルをもっと発見したい、聴きたい、所有したいという衝動が、化石のいんちき発掘、自作自演、学会への虚偽の報告さながら、60~70年代そのものと言って良い手触りの作品を堂々と創り上げてしまう。それは最早、影響、模倣、窃取、パクりとか言った次元の問題ではない。

この作品を「単なる過去の焼き直し」「病的なレイドバック症候群」「オリジナリティの完全なる欠落」としてしか受け取れない方々の感覚は、それはそれで論理的に正しい。そう言った事を一切気にせず、音の気持ち良さだけでこの作品を評価する方々の感覚もそれはそれで健康的に正しい。そして(私も含め)この作品に文化的、歴史的、音楽的批評、分析を加えた後に、やはりその内容に引き付けられしまう方々だって、音楽的に正しい。




[tracklist]
1. Prelude
2. A Strange Arrangement
3. Just Ain't Gonna Work Out
4. Maybe So, Maybe No
5. Your Easy Lovin' Ain't Pleasin' Nothin'
6. I Wish It Would Rain
7. Make Her Mine
8. One Track Mind
9. The Ills
10. Shiny & New
11. Let Me Know
12. Green Eyed Love

※初回限定4inch付版は終了致しました。

こちらの商品についてのレビュー

FACEBOOKコメント

PICK UP ITEM!!ピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。