【新譜レコード・LP】ROBERT GLASPER (ロバート・グラスパー)/ Everything's Beautiful(LP)【HIPHOP/JAZZ】 103432602

3,050円(税込3,294円)

購入数
【新譜レコード・LP】ROBERT GLASPER (ロバート・グラスパー)/ Everything's Beautiful(LP)【HIPHOP/JAZZ】

2016年05月28日 リリース







ロバート・グラスパーと帝王マイルス、時空を超えて共演、マイルスの遺伝子を受け継ぐアーティストたちが集結!













生誕90年マイルス・デイビスに捧げるトリビュート20世紀のジャズ・ジャイアンツ:マイルス・デイビス生誕90年にして没25年のメモリアル・イヤーとなる今年リリースされる、新世代ジャズ・シーンで鮮やかな活躍を続けるロバート・グラスパー(1978-)によるマイルス・デイビスの音世界を再創造した『エヴリシング・イズ・ビューティフル』。



グラスパーが米コロンビア・レーベルのテープ保管庫でセレクトしたマイルスのオリジナル録音をベースにリミックスした意欲作だ。



グラスパーはこの作品について、こうコメントしている。



「単なるリミックス・アルバムにはしたくなかった。マイルスがどれだけ人々に影響を与え、新しいアートを生み出す源になったのかを伝えたかったんだ。僕たちは今もマイルスのスピリットの中に生きている」



『エヴリシング・イズ・ビューティフル』ではマイルスの遺伝子を受け継ぐ多彩な顔ぶれのアーティストたちが参加しており、ビラル、イラ・J、エリカ・バドゥ、フォンテ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ、キング、ジョージア・アン・マルドロウ、スティーヴィー・ワンダー、



そして、実際にマイルスのバンドでも演奏していたギタリスト、ジョン・スコフィールドと名を連ねる。



マイルスのオリジナル音源が曲ごとにグラスパーの自由な発想でサンプリングされ、新鮮な驚きが溢れるアルバムが完成した。



アートワークはアメリカ現代アート界の旗手フランシーヌ・タークの書き下ろしで、グラスパーがマイルスの音楽を自由にコラージュしたアイディアにインスパイアされているという。



ピアニストとしてプロデューサーとして、自身のトリオと<エクスペリメント>を率いて、R&B~ジャズ~ヒップホップというジャンルの境界線を超越するグラスパー。



オープンで変化を恐れない革新的なスピリットをもつマイルス。



もしマイルスが生きていたら、共通の志をもつイノベーターの2人はきっと共演していたに違いない。今、私たちは幻のコラボレーションを聴きながら、改めてマイルスの音楽の懐の深さを思い知るのだ。















A1. “Talking Shit”

A2. “Ghetto Walkin” featuring Bilal

A3. “They Can’t Hold Me Down” featuring Illa J

A4. ”Maiysha (So Long)” featuring Erykah Badu

A5. “Violets” featuring Phonte

A6. “Little Church” featuring Hiatus Kaiyote

B1. “Silence Is The Way” featuring Laura Mvula

B2. “Song For Selim” featuring KING

B3. “Milestones” featuring Georgia Ann Muldrow

B4. “I’m Leaving You” featuring John Scofield and Ledisi

B5. “Right On Brotha” featuring Stevie Wonder

こちらの商品についてのレビュー

  • rappa
  • 2016/07/20 11:12:20
ジャケ買いでした
新聞のレビューを見て気になっていたマイルスのリミックスアルバム。
迷っていたけどジャケが良かったのでポチッと買ってみました。

ロバートグラスパーには詳しくなかったですが
ヒップホップ系の人とかも好きそうな感じですね。

FACEBOOKコメント

PICK UP ITEM!!ピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。